天空の扉

天空の扉が開く時 光の先に見えるものは

創世日記


SF短編「創世日記」 ~宇宙や地球は如何にして生まれたのか~



image
この作品は、1979(昭和54)年の作品です。



『藤子・F・不二雄 先生』SF短篇 Perfect (57)


ドラえもんの映画でも

のび太の創世日記」というタイトルがあり

さらに、短編でも「地球製造法」という

話などがあります。



宇宙や地球の始まりなどの天文学

藤子・F・不二雄先生にとって

興味が強く、好きな分野だったのでしょうね。





見知らぬ男から、宇宙を創ってほしいと

とんでもない頼みごとを引き受けてしまった少年の話。

藤子・F・不二雄先生のスコシフシギ

SF短編『創世日記』を紹介したいと思います。






 < 『創世日記』 ストーリー>



■ キレイな空にキレイな星

創世日記 藤子・F・不二雄 幻想的な夜 原始の海の底



夜、外に出てみると

見事なほど、夜空がキレイだった。





■ 主人公の創(つくる)少年

創世日記 藤子・F・不二雄 生命の第一号



素敵な夜空を眺めながら、思わず

自分が「生命の第一号」と想像してまう。





■ 誰かが話しかけてきた

創世日記 藤子・F・不二雄 創少年と男



創くんは、夏の夜、暑かったので

夜風を浴びに、外へ出てきた。





■ 男は仕事をしているようだが・・・

創世日記 藤子・F・不二雄 男 セールスマンと勘違い



ふぐのだし 高級ですね



■ 男は困っている様子だった。

創世日記 藤子・F・不二雄 観察日記 部屋のすみ



事情は分からないが

創くんは、気の毒に思った。





■ そしてすかさず

創世日記 藤子・F・不二雄 天地創造システム



男は、創くんに頼みごとをいってきた。

天地創造システムとは?





■ 宇宙から生命までを創る装置!!

創世日記 藤子・F・不二雄 宇宙を創る装置一式



あまりに途方もない話だったが

男の迫力に、圧倒されてしまう・・・





■ 創くんは男を部屋に入れる

創世日記 藤子・F・不二雄 絶対座標 方角 OK



準備は整ったらしい。





■ まずは日記を書くことを頼まれる

創世日記 藤子・F・不二雄 日記 説明書



説明書を渡されるも、分からないことが多かった。

しかし、男は煙のように消えてしまった・・・





■ 置かれていったのはUFOのような円盤であった

創世日記 藤子・F・不二雄 灰皿 のぞく



円盤の中身をのぞいてみると・・・

そこには宇宙の姿があった!!





■ さきほどの説明書に手を伸ばす

創世日記 藤子・F・不二雄 説明書 光と音



説明書といっても、本ではなく

電気信号のように脳に直接伝わるものだった。




昭和54年 私9歳です これ本当に想像ですか?本当はまさか?





■ 円盤の中は原始宇宙であった

創世日記 藤子・F・不二雄 天地創造 原始宇宙 パラレルワールド



原始宇宙、すなわち

生まれたて(ビッグバン直後)の宇宙を意味していた。





■ 創少年に宇宙の創造が任された

創世日記 藤子・F・不二雄 宇宙を育てる 面白いおもちゃ



任務は、強い「意志」を持ちながら、円盤をさすること。

毎日続け、宇宙の様子を日記に書くよう説明された。





■ 円盤の中の宇宙は 1日で1億年が進んだ

創世日記 藤子・F・不二雄 地球 月 若い太陽



やがて、地球らしき星や月

生まれたての太陽までが見えてきた





■ 惑星に雨が降り出した

創世日記 藤子・F・不二雄 豪雨 水たまり



雨、すなわち水が発生した。

これには、男も驚き喜ぶ。





■ 生命を生み出す舞台ができた

創世日記 藤子・F・不二雄 海 生命



惑星が、海を持つ確率は極めて低いが

創くんは、天地創造システムで成功させた。





■ 男は宇宙からの使者らしい

創世日記 藤子・F・不二雄 時間 空間 へだてなく



どうやら、今まで1000万人以上の人間に

ずっと頼み続けてきたらしい。





■ 創くんには強い意志があるという

創世日記 藤子・F・不二雄 天地創造公団



天地創造公団というのが、男の所属先らしい。

すべての期待が創くんに寄せられている。


春を先取り みんなの注目です

綺麗なお姉さんはみんな好きです



■ しかし創くんの両親が・・・

創世日記 藤子・F・不二雄 UFOのおもちゃ 父母



ある日、円盤が処分されていた。

必死に探すも出てこない。





■ 父親に怒られてしまう

創世日記 藤子・F・不二雄 高校へ進学



創くんは受験生だった。

勉強をするように注意されてしまう。



弁当と新しい水筒を持って出かけよう!



■ なくなってしまったことを告げる

創世日記 藤子・F・不二雄 なくなった



当然のことながら

男はビックリしてしまう。





■ 宇宙や人類の誕生に偶然はない

創世日記 藤子・F・不二雄 人類にまで発達 無数のパラレルワールド



ゼロといえる確率から、宇宙を創り出すには

必然が必要だった。それが天地創造システムだった。





■ 男は告げる

創世日記 藤子・F・不二雄 地球 創少年と男



創くんに渡された円盤の中に、今の地球があった。

その地球をなくしてしまったことになる・・・





■ 創くんには何が何だか分からない・・・

創世日記 藤子・F・不二雄 地球を創らねばならない



地球はすでに存在しているが、男がいうには

それは時空を超えて創られていると説明する・・・





■ 宇宙の存在がなくなってしまう!?

創世日記 藤子・F・不二雄 宇宙全体の存在が無



このままでは、創少年も、人類も、この男も

宇宙すべての存在が消えてしまうという・・・



果たして、私たちの地球の運命は・・・

創くんは、やがて視界に異変を感じてくる・・・





結末が、どうなるか気になるでしょうか?

いや、皆さんは気にならないでしょう。

理由はかんたんです。



この作品は、1979(昭和54)年の作品です。

もし円盤(天地創造システム)が見つからなければ

とっくに私たちの地球も消えているからです(笑)

消えてないということは、ハッピーエンドなのです。



空気のない宇宙空間で

ちり、ガス、電子、粒子などが集まって、そこから

空気のある地球ができる、海ができる、生命が生まれる・・・

そんなことは、やっぱり奇跡の中の奇跡といえますよね。



それを考えれば、大いなる困難を抱えた

今の日本が復興するまでの道のりは

長く険しいものになるでしょうが

奇跡を頼らなくても、できることですよね。

私は、言葉ではいい表せませんが

これからの日本に、希望と期待を強く持っています



懐かしの少女マンガを語るブログです リンクです ポチッとな byボヤッキー10代の時に買った少女マンガの単行本♪~わが家に現存する昭和の懐かしグッズその2 ←リンクです 青字を押して下さい




旨そう モツ鍋最高です






すごいキャンペーンしてます 使い放題でVery good